ライスパワーとセラミドの関係とは

ライスパワーエキスは近年多くのスキンケア製品に使用されている注目の成分ですが、具体的にどんな効果が期待できるのでしょうか。

ライスパワーはその名前からも分かるように米を原料とする美容成分で、米を乳酸菌や酵母、麹菌で一定期間発酵させてエキスを抽出したものです。

ライスパワーエキスにはアミノ酸やペプチドなどが豊富に含まれており、荒れた肌の機能を改善する効果があります。

またライスパワーエキスはセラミドという成分とも深い関係があることが分かっています。

セラミドは肌の細胞間皮質に含まれる成分で、これが不足すると細胞間皮質から水分が失われて肌が乾燥し、外部からの刺激にも弱くなり敏感肌の原因になってしまいます。

セラミドは人体の中で作られますが年齢とともに自然に減少していきます。

減少した分を補って肌の均衡を保つため、敏感肌用のスキンケア化粧品にはセラミドがよく配合されているのです。

ライスパワーはこのセラミドを増やす力があることが分かってきました。

本来は加齢によって減少し続けるもので、外部から補うしかないと考えられてきましたが、ライスパワーはセラミドを作る力そのものを向上させる効果があります。

そのため最近では敏感肌やアンチエイジングのスキンケア製品にライスパワーが多用されるようになりました。

肌細胞のセラミドが増加すれば肌の水分保持能力やバリア機能が改善します。

乾燥肌やゆらぎやすい年齢肌にとってライスフォースは欠かせない美容成分です。